Month: 10月 2016

参議院の選挙の投票に午前行ってきました

今日は早朝6季節過ぎに起きました。
雨戸を開けて網戸にしておきました。
ラジオを聞きながらいつものパンの朝飯だ。
婆さんとカミさんは依然として起きてきません。
身支度をして、ガラス戸に鍵をかけて、投票のひな型を持って7季節15取り分に出かけました。
道路を渡って、HOME道路の登りルートを登っていきます。
投票を済ませた方法と何人もすれ違います。
犬のウォーキングをやる方もちょくちょくいらっしゃる。

自転車のハイスクールが抜かしていきます。
高校生につきました。
お姉さんがいらしゃいませと迎えてくれました。
ひな型を出して18年代になりましたと言ったら、笑って投票ひな型をくれました。
最初は議員のネーミングを記入しました。
その後に比例区だ。これは政党呼び名を記入します。
これで投票は終わりました。
選挙の立会方には町内のコネは誰もいませんでした。
もっと階級スイッチをしたのでしょう。
次から次へと投票講じる方が来ます。
今年は滑り出しがいいのかと思いました。

表に出てみると足の酷いお婆さんが来ていました。
旦那でしょうかね、男の人が補佐をしていました。
うちも婆さんがいますが、クルマがないので、連れていくことができません。
この方法に援助してくれる方がいれば投票ができるのにと思いました。
一人身のお爺さんもいらっしゃる。そういった外観も策する時になってきたのではと思いました。

うちのカミさんも長い距離は一心に歩けないので、区役所で日程前の投票をしてきました。
歩けない人によっては選挙のための肩入れが必要だと思った次第です。産後 ダイエット

おんなじ娘を持つ婦人として魂が辛く上る伝言でした

今朝、なにげなくインターネット書籍を見ていると「小林麻央様が次第性がんで隠し立て入院」という事項が目に入ってきました。先日は、姉の小林麻耶様が体調不良で休暇を執筆されましたが、まさか次女様も健康を崩しているとは驚きました。近いうちに男子の海老蔵様が会見罹るようで、まだまだ実質かは分かりませんが、本来ばおんなじ乳児を持つ女の子としてどうしても乳房が痛みました。お姉さんの麻耶様も次女様のため憂慮が溜まっていたとしたら今までちゃんと頑張って元気にお勤務をされていたなと思うとスピリットが痛いです。
私も乳児が2人いて、乳児の前進が何よりもうれしいですし乳児が大きくなっていつか如何なる現職についたり、どんな彼氏と結婚するのかなと想像することが楽しみです。それを見届けたいと思いますし、それが明々白々という風に考えていたところがあります。麻央様もそれほど感じていたはずです。仮に心から疾患と闘っているのならですが、麻央様の胸中をおもうといたたまれません。ミュゼ ひげ