書籍、マンガとも大好きな「狼と香辛料」。もちろん、書籍は全巻受領読了済みだ。
今年は書籍デビューから10周年の記憶として、短手直しが電撃文庫MAGAZINEに連載浴びるという結果、今まで購入した先のなかったこういう書物を手に入れました。もちろん、安定の狼と香辛料であり満足しています。
「こんなはじまり人物ないよ」という上述から「あれなにこれって」て想う内容が展開されていきます。からきし、長く音信不通だった身の回りに再会して現況を教えてもらっているかのような認識でした。ちょぴり大人になったロレンスがそれでも、ホロの手のひらの上で転がされているのが愛くるしいだ。
コメントの中で生きているホロとロレンスを感じて、さすがマンガも3期が見たい衝動に駆られてしまいした。
メインの狼と香辛料を読み終わって、せっかくだから、最近の書籍や、漫画を見てみたくなり大勢読みました。興味を引かれた小物、そうではない小物色々ありましたが、単行本最初冊程度の勘定で色んなものが読めたので、楽しかっただ。単行本も購入してみたいと思う小物もありました。
今までは、おんなじミュージシャン様の小物ばかりに崩れぎみだったので、新しいミュージシャン様の当も読んでみたくなってある。ミュゼvio値段